RSS | archives | admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

地震の時、飼い主的反省点

2011.03.13 Sun
みなさんからのあたたかいメッセージ、どうもありがとうございました。
とても心強く思います。
また、個別にコメントへのお返事ができずに、大変申し訳ありません。



大地震から時間が経つにつれ、被害がどんどん大きくなっていくニュースを見ると心が痛みます。
被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。


-------


今回チロの様子を交えて、自分の行動を振り返ってみました。
皆様の参考になれば幸いです。


私が住んでいる東京地方は震度5強でしたが、
その時、私とチロは家にいました。


最初は小さくゆっくりと揺れていましたが、しばらくすると大きく横に揺れ始め、
立っているのがつらいくらいでした。
おそらく2分くらい揺れていたのではないかと思います。とても長く感じました。


最初の小さな揺れの時はチロはまったく気付くことなく寝ていたのですが、
その後、大きく揺れ始めると部屋中の物がガタガタと音を立てたため、
驚いてワンワンと吠えたあと、何が起こっているのか分からず私に抱きついてきました。

私はチロを抱き上げたあと、何をしたかあまり記憶がありませんが、
玄関の近くでオロオロしていたと思います。


揺れがおさまった後、すぐにテレビを付けて地震の状態を知りました。


そして何度も何度も余震が続きました。


めまいを起こしているような感覚で、吐き気も感じるほどです。
この余震が非常に怖かったです。


すぐに外に逃げ出せるようにと思い、チロにリードを付けキャリーバッグに入れ、
バッグを抱えたまま玄関と窓を開けました。
そして靴を履こうと思ったのですが、手が震えてなかなか履けません。

なんとか靴を履き、外の様子を見に家を出ましたが、外は特に変わった様子もなく。

部屋に戻り、部屋の様子をうかがうと、
置き物などが倒れていましたが、食器棚などは無事でした(ストッパー付きのため)。
溜め置きしていたお風呂の水が揺れでこぼれていました。



その後、また強い揺れがありました。


次に何があるのか予想がつきません。
これは本当に危ないかもしれないと思い、
非常用持ち出しカバンにチロのフードを入れたり、人間用の缶詰をつめてみたり。
その間ずっとキャリーバッグに入れたチロを抱えながら。


その後、余震は続きましたが揺れは小さくなったので、
私も少し落ち着きを取り戻し、チロをキャリーバッグから出そうとしましたが、
チロは私に震えながらしがみついて、決して離れようとしませんでした。


夜、会社から2時間かけて歩いて帰ってきた夫が戻り、
私もチロも少し落ち着いたように思います。


ワンコは飼い主の心の動揺にとても敏感に反応します。
私の恐怖がチロに伝染してしまったのでしょう。
とても怯えて震えていました。

その夜も余震が続き、私は何度も目が覚めましたが、
その度にチロも目が覚めていました。


心強い飼い主には、なれそうにありません。



今は私もチロも落ち着いています。


jisin.jpg



反省する所がいっぱいあります。
まずキャリーバッグではなくてクレートに入れるべきだった。
一番安全な場所なはずです。

非常用持ち出しカバンはきちんとチェックしておくべきだった。
何を入れたか、何が入っていないのかが分からないし、
チロ用のフードが賞味期限切れになっていたのに気付きました。


そしてなにより、

オロオロしすぎた。
私 なぜか靴を履いたり脱いだりを繰り返してました。



それ以外にもいろいろ反省すべき行動はあると思いますが、
大事な家族を守ることが出来る飼い主になりたいと、あらためて感じています。



追記:
私の母のところに、チェーンメールが届きました。
「明日は傘やレインコートを着用してください」といった内容の。
みなさん、デマには気をつけましょうね。




にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村 トイプードルへ

いつも応援に感謝してます。



スポンサーサイト
Theme:わんことの生活 | Genre:ペット |
Category:チロの日常 | Comment(15) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。